2013年9月 3日 (火)

司法

 新潟の小山 修司様のご冥福をお祈りさせてもらいます。

 
 
 事故当時は、第9管区海上保安本部は、何を検証したのか。
日本の回りには・・・
船1隻を徹底的に検証しないのか。
 海保の責務と何か
これが、一般社会では、・・・・
国家権力傘の下で、・・・
ドラムに巻かれた、網など外すのが、そんなに面倒なのか。
一人作業の船舶に於ける転落及び甲板作業事故などは、拉致・・・?????
 国土交通省はこの様な担当海保に対して度の様な処罰を・・・・

この様な、担当司法に対して、断固処罰求む。
この9年間の遺族の苦悩を、・・・

2004年は、雄輝の命日年・・・・
又、後日串木野海上保安部の事も・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

お盆

お盆も・・・


雄輝も今朝帰りました。

子供を、送ることになるとは、思ってもいませんでした。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

思い出・遺品

今、雄輝の思い出のかたずけを・・・・

 どれ一つ捨てがたい・・・

でも少しずつと思い・・・・

簡単には、捨てる事ができない

 雄輝の亡骸が無いのが一番悔しい・・・

こんな思いをさせるのは、若潮グル-プ

第108若潮丸の船員全員

又、捜索をしなかったグル-プの船舶

会社役員

今年で、8年目・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

子供の潔白

神戸地方海難審判

(原因の考察)
7 C甲板員の体調については,インドネシア人を含め船内の人間関係も良く,悩みもなく,良好であった。
 以上検討した結果から,海中転落の場所を推定すると,船尾甲板船尾端のブルワークを越えたか,航海船橋甲板のハンドレールを越えたかして海中転落したとしか考えられない。
 また,C甲板員の当時の休憩を兼ねた行動目的から,具体的転落状況を考えると,船尾コンベアを乗り越えようとして足を滑らせ,海中転落して行方不明になったものと推測することもできる。
 しかしながら,C甲板員がトイレに急いでいたとしても,左右どちらの舷からも簡単に行くことができ,A受審人やB受審人の注意を守るC甲板員が,船尾コンベアを乗り越える理由がなく,乗り越えた痕跡もないことから,船尾甲板から転落したことを証拠立てるものがないので,これを断定することはできない。
 船尾コンベア下の通路を確保しておかなかったことは,C甲板員が,海中転落したことは推認されるが,転落場所を特定することができず,船尾コンベアを乗り越えたという推測も,これを断定するまでには至らず,転落場所を明らかにできないので,これは本件発生に至る過程で関与した事実であるが,本件と相当な因果関係があると認められない。
 しかしながら,船尾コンベア下の通路を確保しておかなかったことは,仮に船尾コンベア付近からの転落を想定したとき,船尾コンベア下の通路が確保されていれば,船尾コンベアを乗り越える必要がなくなるので,海難防止の観点から是正されるべきである。
 C甲板員が作業用救命衣を使用していなかったことについては,船尾甲板は,周囲がブルワークに囲まれ,通常の作業では転落の可能性はなく,また,凹甲板でも舷門付近以外は転落の可能性がないので,このことは,本件発生に至る過程で関与した事実であるが,本件と相当な因果関係があると認められない。
 しかしながら,長年の経験から熟練者にとっては作業用救命衣の使用に対して違和感があるというが,作業用救命衣はあくまでも予期しない危険から命を守る最後の手段であり,緊急時の命綱と心得て,海上に浮かぶ船舶の特殊な環境の中で,甲板上の作業を行う場合,作業用救命衣を使用するよう是正されるべきである

 この、若潮水産株式会社の船舶には、作業用救命衣は存在してい無い。

 又、揚縄作業を想定している。

 戸籍上は、投縄作業位置

投縄作業は、船尾作業

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

若潮グル-プ

「安心・安全・」

若潮水産株式会社

まるわか水産株式会社

株式会社正潮

無視 ? ? ? ? ? ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月10日 (火)

生命メッセ-ジ

私達は、先日、生命のメッセ-ジ展inうさに参加しました。

 今年、成人式を迎える事の出来なかったメッセンジャ-の方々の成人式。
 私達の息子同様、成人式を迎える事が出来なかったメッセンジャ-の方々の成人式。
メッセンジャ-に対しての成人式。
 
 私事でこの意を伝えます。
私達の息子は、宮崎海洋高校での卒業式も出来ず、遠洋マグロ船に乗船し、69日目にて、・・・
後、2年後の年に成人式を迎える予定でしたが、出来ませんでした。
 うさでのメッセ-ジ展にての成人証書授与感謝の気持ちで、いっぱいです。
本当に有難うございました。
 この成人証書は、雄輝、私達の一生の宝物です。

Photo
1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国家賠償法

国家賠償法
(昭和二十二年十月二十七日法律第百二十五号)

第一条  国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。
○2  前項の場合において、公務員に故意又は重大な過失があつたときは、国又は公共団体は、その公務員に対して求償権を有する。

第二条  道路、河川その他の公の営造物の設置又は管理に瑕疵があつたために他人に損害を生じたときは、国又は公共団体は、これを賠償する責に任ずる。
○2  前項の場合において、他に損害の原因について責に任ずべき者があるときは、国又は公共団体は、これに対して求償権を有する。

第三条  前二条の規定によつて国又は公共団体が損害を賠償する責に任ずる場合において、公務員の選任若しくは監督又は公の営造物の設置若しくは管理に当る者と公務員の俸給、給与その他の費用又は公の営造物の設置若しくは管理の費用を負担する者とが異なるときは、費用を負担する者もまた、その損害を賠償する責に任ずる。
○2  前項の場合において、損害を賠償した者は、内部関係でその損害を賠償する責任ある者に対して求償権を有する。

第四条  国又は公共団体の損害賠償の責任については、前三条の規定によるの外、民法 の規定による。

第五条  国又は公共団体の損害賠償の責任について民法 以外の他の法律に別段の定があるときは、その定めるところによる。

第六条  この法律は、外国人が被害者である場合には、相互の保証があるときに限り、これを適用する。

   附 則 抄

○1  この法律は、公布の日から、これを施行する。
○6  この法律施行前の行為に基づく損害については、なお従前の例による。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

救命胴衣

「安全・安心」

静岡・天竜川川下り船転覆事故転覆した船の船頭「もう駄目だと思いました」

島国の日本で・・・・

川・湖・海での、安全・安心とは・・・

作業用救命胴衣

救命胴衣

の義務化を、国はしないのか。

いつも、捜索をしている者達は、胴衣着用

水上での、シ-トベルトとは??????

徹底した法案を・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月31日 (日)

戸籍

「安全・安心」

国土交通省

農林水産省

官房庁

法務省

などの精査とは何か・・・・?????

命の尊厳とは・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

東日本大震災

ニューヨークタイムズの情報を下記でご覧ください。
国内のニュースからは得られない画像に、驚きを
隠せません。
http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/13/world/asia/satellite-photos-japan-before-and-after-tsunami.html?ref=asia

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

東日本大震災

「安心・・・」

私が感じた思い

今回の、大震災について・・・

まず、一言、頑張って下さい。

いつも、報道でみていますが、被災者の人達の叫びを国は度の様に受けとの手居るのですかね・・・・

皆、安否・・・・

次に、食料・医療品・など・・・

国は、政府の備蓄米など支援しているのですか????

現状に行っているのですか?????

陸上が、ダメならヘリによる支援をしているのですか???

報道では、被災者は、着の身着のまま・・・・

人道的支援は、不知ですか????

行方不明の、意味を真剣に・・・

 被災者の皆様頑張って・・・・・

私達は、行方不明の意味は、分かっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

現状と法律

漁船に於ける現状は、救命胴衣及び作業用救命衣、特に20トン以上の船舶の甲板作業員は、作業用救命衣着用義務、これが法律である。

現状では、邪魔になると言う言葉を、すぐ適用するけれど、事故などを起こした場合は、法律違反である。

又、注意義務など怠った場合も違反である。

船主側は、船員災害防止活動の促進に関する法律もある。

この様に現実を法律と照らし合わせて、正当化しようとしていても、それは、あくまでも理論上の言い訳しかならない。

船員法などは、波が無いから、ブルワ-クがあるから作業用救命衣を着用しなくても良いとは、船員法の何処にも書いてはいない。

他人から預かった命は、船主及び船舶に於ける統括責任者・作業指揮者(安全担当者)は、重視すべき責務である。

責務と言う事は、絶対に曲げてはいけない事案である。

眞田甲板員は、第108若潮丸から転落行方不明になった事は、事実である。

事故を起こした後は、船主及び組合員・船長・漁労長は、知らん顔では済まされない。

自分達に不利益になる様な事は、曲げようとした場合、これ又、罪を重ねるだけで、得をする事は、全くゼロに等しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日 (火)

船舶職員法・船員法

風化させないで下さい

「未来の世代に対し、安全・安心な環境」

若潮グループ 

若潮水産㈱  

まるわか水産㈱

正潮㈱ 

雄輝の乗船していた、若潮水産㈱、所属,第108若潮丸

平成16,3,14、バリ島、ベノア港で、インドネシア人乗船 

乗船後、当直などする。   

当直の時  、名前など記入する。

個別で・・・・ 

この事で、インドネシア人   の、名前 、人数 が、把握している。

私の手元  には、航海日誌  が、手元にある,  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日 (火)

文書送付嘱託

「未来の世代に対し、安全・安心な環境」

私達は今、・・・

真実を知る為、・・・  

神戸地方海難審判に事件の真実の為

被告側に、文章送付嘱託・・・

内容は、偽装そのもの・・・ 

原告は、鹿児島地検に対し・・・

文書送付嘱託・・・

被告達の隠蔽・偽装・・・・ 

それでも出来る、遠洋マグロつり・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

船舶事故

「安心・安全・責務」

雄輝の母校宮崎海洋高校・・・

進洋丸事故に・・・・

ハワイ停泊中

宮崎日日新聞抜粋

2010年11月10日

 ハワイ沖などで長期乗船実習中の宮崎海洋高(宮崎市、笠野謙次校長)の実習船「進洋丸」(646トン)がハワイ・ホノルル港停泊中に、米国船籍の荷物輸送船と接触事故を起こしたことが9日、分かった。

 進洋丸に乗船していた海洋科学科の2年生35人ら計59人にけがはなかった。事故の影響で同船の側面がへこむなどしたが航海に影響はなく、19日に予定通り73日間の航海を終え、宮崎港に帰港するという。

 同校によると、事故があったのは10月28日午前7時半ごろ(現地時間)。ホノルル港に停泊していたところ、後進してきた荷物輸送船の後方右側面と進洋丸の後方デッキの左側面が接触したという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

善意

「安全・安心は、日々の」

FAXを受け取りました。

 また、いつの日かお会い出来ると思っています。

心使い 有難うございます。

 

 私達は、今現在書類を、改めて精査しています。

人の命を度の様に扱っているか・・・

奪われた、命の尊さを・・・・

きっと、いつの日か・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

生命のメッセージ展

私たちは今、日野に来ています。

服装は、私は黒いシャツを着ています。よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月16日 (木)

「安全・安心は、作業用救命胴衣」

9月25日~26日の、いのちのミュ-ジアムは、

車で行きます。

遠方ですが、雄輝の航跡を・・・

余裕を持って出発するので、25日朝から雄輝と仲間達と再会するのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月12日 (日)

命の尊さ・生命のメッセ-ジ展

「命・安全・安心の責務」

9月25日~26日

東京都日野市百草999 

日野市立百草台コミュニティセンタ-3階

いのちのミュ-ジアムがオ-プンします。

私達も、オ-プンに参加します。

http://inochi-museum.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

お盆

「安全・安心・責任」

八月

お盆です。

今年で、7回目のお盆・・・・

でも、未だに責任ある態度無し?????

又、第108若潮丸の船員からの謝罪無し・・・・

この様な非人道的な事だから雄輝を殺した・・・・

ただ隠蔽・偽証だけ・・・・

若潮グル-プ全体で・・・・

今は、書類の整理・・・・

いずれ、分かるだろう・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«遠洋マグロ船での労災死亡事故