«   海難事故当時の様子 | トップページ | 海難事故に会った、18才の成人式 »

2006年3月24日 (金)

  海難事故に遭った、これからの遺族の使命

平成16年5月10日 亡雄輝の当時の新聞記事を掲載します。

   652                  653            

655

 

654

 

本当は、船長の謝罪、又、雄輝の船での生活などの話が、聞きたかった、私達が判っている事は、雄輝が船舶電話にて、3回の限られた時間内だけの話だけだったので・・・)

  

延岡地元の新聞である、夕刊デイリ-の、記者の人は、私達遺族の事を気遣い、宮崎海洋高校へ出向き、雄輝の事を取材して、載せて下さいました。私達は、有り難く思っています。 (延岡から片道2時間半位かかります)。

_109 この写真は、延岡の城山公園の桜です。

平成16年4月の桜で、雄輝に送ってやる為に写した写真です。

私達は、今から先、するべき使命は、雄輝の死を無駄にせず、これから先、海難事故が少しでも、無くなる様に、政府の関係機関各所に、嘆願して、私達の様な遺族が、少しでも無くなる様に、運動などをして行くつもりです。

私達の事ばかりで無く、皆様に関心を持って貰える様なブログを作成していきますので、これから先も、宜しくお願いします。

私達が、雄輝の為、横須賀の戦没者慰霊祭の帰りの道のりで写した写真などを、今から先も出しますので、興味のある方は、見て下さい。

175_080

宮島での鹿です

Photo_3 防府の願かけ牛です

175_098

防府天満宮の牛です

|

«   海難事故当時の様子 | トップページ | 海難事故に会った、18才の成人式 »

コメント

確かに船長の家族には罪はないと思います。でも、雄輝君・家族の方々も罪はありません。ただ残念な事は毎日起こっている事故・事件の中の一つではなくもっと、皆さんの理解が必要だと思います。船長の家族だって、毎日毎日、主の無事を祈っているはずです。皆、同じ気持ちなのではないでしょうか?雄輝君のように船長になる夢を抱いて船に乗った若き命を無駄にして欲しくないです。・・・これは私の考えですが、この事故を取り上げてくれた新聞社にもっとこの事故の真実をのせてもらうのはどうでしょうか?人の記憶というものは段々と忘れていくものだからこういう事は風化させてはいけないと思います。

投稿: ひまわり | 2006年3月24日 (金) 17時31分

ひまわりさん、有難うございます。
風化されていく事の無い様に、私達も、これからが、本当の戦いと、自負しています。又、風化されない様、この掲示板にて、多くの人達に、判って貰いたいと、思っています。 人は、一人では、立っていられないと思います。誠

投稿: さなちゃんより | 2006年3月24日 (金) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/1149184

この記事へのトラックバック一覧です:   海難事故に遭った、これからの遺族の使命:

«   海難事故当時の様子 | トップページ | 海難事故に会った、18才の成人式 »