« 海難事故に会った若き青年 | トップページ | 保安官・船員労務官達の実地検証の有り方 »

2006年4月 1日 (土)

今日からは、平成18年4月1日 海難事故

本日より、平成18年4月1日、  宮崎の延岡も、回りを見れば、もう春です。私達遺族の、ブログ ・(海難事故に会った若き青年)・をいつも、見ていただき心より感謝しています。これからも、

この様な、海難事故が、少しでも減少する事を、願いつつ、経験談を書きますので、宜しくお願いします。(船主・官・のやり方など)

 延岡の愛宕山の桜です     

        _111          Photo_2

|

« 海難事故に会った若き青年 | トップページ | 保安官・船員労務官達の実地検証の有り方 »

コメント

桜の綺麗な写真ですね。息子さんとこれから先も何度でも、見ることが出来たと思います。保安庁は何をしているんだ~。時間稼ぎ?そんな事絶対にゆるしてはだめです。これ以上犠牲者を増やさないで下さい。哀しい事故・事件を少しでも減らしてください。遺族の方がどんな思いで過ごしてきたかと考えるだけで涙が出ます。犬はちゃんと救命胴衣を着せられて、人間は作業の邪魔になるという理由で無しですか?私も国の偉い人に聞きたいです。命に重いいとか、軽いとかありますか?命は全てにおいて平等でなければいけないんではないでしょうか?この、若潮水産という会社ももっと、命を感じて下さい。
私は、遺族の方達の見方です。

投稿: 四葉のクローバー | 2006年4月 1日 (土) 21時58分

四葉のクロ-バ-さんへ
コメント有難うございます。
私達遺族も、全く、同意見です。海の警察である保安官が、的確な事が出来ないなら、私が、実地検証をするべきだったと、思っています。又、この事について、私が、思っている事を、ブログに載せますから、どうぞ、見ててください。四葉のクロ-バ-さんの的確な、ご意見、心より有りがたく受け止めたいと思っています。本当に、有難うございます。

投稿: さなちゃんより | 2006年4月 1日 (土) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/1236951

この記事へのトラックバック一覧です: 今日からは、平成18年4月1日 海難事故:

« 海難事故に会った若き青年 | トップページ | 保安官・船員労務官達の実地検証の有り方 »