« 雄輝が過ごした宮崎海洋高校寮へ行く | トップページ | 亡雄輝の思い出の大分・原尻の滝 »

2006年4月 4日 (火)

雄輝の命を奪った・・・司法警察の有り方

保安官 及び 船員労務官は、水産㈱ 第108若潮丸で、何が、どの様にして、何処で、何故、転落事故が、あったか、正確にするのが、使命のはずである。

作業用救命衣の船員法にある事は、判ってはいる様だ。 (義務違反) 法律違反

一人作業も、船員法にある (義務違反) 法律違反

落下防止なども 船員法にある (義務違反) 法律違反

この様な違反を、是正するのも海上保安庁の保安官の役目である

海上保安庁法

 

第一章 組織

第一条 海上において、人名及び財産を保護し、並びに 法律違反を予防し、捜査し、及び鎮圧するため、国家行政組織法 (昭和23年法律第百二十号) 第三条 第二項 の規定に基づいて、国土交通大臣の管理する外局として海上保安庁を置く。

この法律は、保安官たる者、判っていると思う。 

亡雄輝の違反操業にて転落行方不明死を、甲板作業の作業用救命衣着用義務違反だけに、絞ったのは、疑問である。

他の船員法違反などは、保安官たる者、無視して良いのでしょうか。 

いずれ、串木野海上保安部が、検察庁に、調書を提出した時、明らかになる。 私は、明らかにする。

日本の法律による 日本の国籍の船舶は、世界の、どの海域でも、日本の法律が、適用される。

 

捜索などの手順は、 国際航空海上捜査救助マニュアル (第Ⅲ巻) 移動施設 海上保安庁警備救難部救難課 監修

社団法人 日本水難救済会 編   海文堂

003 006

 

|

« 雄輝が過ごした宮崎海洋高校寮へ行く | トップページ | 亡雄輝の思い出の大分・原尻の滝 »

コメント

 私は今とても哀しいです。たまたまニュースを見てたら、リンチによって殺害されてしまった息子さんのご両親が出ていました。その方達は長年に渡って警察と戦っているそうです・・・警察は何の為に誰の為にいるんでしょうか?法律は何の為にあるんでしょうか?なぜ、被害に遭わなければいけないんでしょうか?私は、警察や法律と言うものは弱き者や被害に遭われた方を無条件に助けられる立場のものだと思ってます。警察・法律が助けてくれないから、遺族の方が悲しみの中から立ちあがらなくてはいけないんだと思います。本当に今の世の中哀しいです。さなちゃんのように、船に詳しく、法律の勉強をして、息子さんの無念を晴らそうと頑張っている人達をないがしろにして欲しくないです。・・さなちゃん、勇気をもって、頑張りましょう。私は、心から真実が勝つ事を祈ってます。  (ニュースの事件を書いてしまいさなちゃんを哀しい思いにさせってしまったら申し訳ありません。どうしても、私の気持ちを伝えたくて・・言葉が足りずごめんなさい)

投稿: ひまわり | 2006年4月 4日 (火) 23時29分

ひまわりさんへ
いつも、私達の立場に成ってくれて有難うございます。私は、逆境に立てば経つほど、意欲が沸きます。国家権力を翳し、まともな判断が出来ない者には、出来る様に教えますから、安心していて下さい。
いつもいつも、有難うございます。

投稿: さなちゃんより | 2006年4月 5日 (水) 08時27分

どうしても仕事って年数を重ねると、怠慢になって行きます。一人ひとりの怠慢が重なれがそれは怠慢ではなくその中では当たり前になってしまう。例えば、昼休憩は1時間と決まっている所、一人が5分遅れて戻るようになり2人3人と、それでいいなら・・・と人数が増えるとその中では許される事となってしまうみたいな事って多いです。(救命胴衣着用の義務を全うしていなかったにも通じる)それはだからと言って良い事ではないんだと皆分かっているはず。このぐらいの事なら・・・と言う怠慢が特に命にかかわる仕事場においては、雄輝さんのような最悪の事態になってしまうんです。でもさすがに、人(雄輝さん)の命まで失ってそれでも、その怠慢を認めないなんて、自分の地位のため、欲のため、責任逃れのため。ほんまに人間て恐ろしいです。でもさなちゃんさん、信じましょうね!人って繋がる事によって、良くも悪くも変わるんだと思うんです。雄輝さんの死をこのままで終わらせないで、賛同してくれる人たちの繋がりを広げて、広げておっきくして行けばきっと光は見えてくると思うんです!私のブログでさなちゃんさん達のブログ紹介させて頂いた記事の訪問数は170人を越えています!取りあえず私の方だけでも170人の人たちは見て知ってくれたはずです。こつこつ無理なく、闘って下さい!ただひまわりさんのコメントにもあったニュース私も見ました。やはり闘う側(被害者)にはリスクが大きすぎて失うものも大きすぎます。健康だけは失う事ないようにお願いします!時には気分転換もなさって下さいね・・・

投稿: 奈緒 | 2006年4月 5日 (水) 14時11分

奈緒さんへ
私達も、奈緒さん達とのブログができ、大変心強く感じています。今から先も、私達は、今までの司法の有り方、 (国自体) を、明白に的確に、世に出し、誰が正しいか、明らかにするつもりです。時間は、確かにかかるかも知れません、でも、私達が、やろうとする事で、これから先、海難事故でも (災害事故) などが、少しでも減少し、私達の様な遺族を、作らない様に、頑張るつもりです。 これから先も、奈緒さん達も、無理をせず、健康に気をつけ、日々を過ごして下さい。本当に、強い味方を、有難うございます。

投稿: さなちゃんより | 2006年4月 5日 (水) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/1281341

この記事へのトラックバック一覧です: 雄輝の命を奪った・・・司法警察の有り方:

« 雄輝が過ごした宮崎海洋高校寮へ行く | トップページ | 亡雄輝の思い出の大分・原尻の滝 »