« 亡雄輝の思い出の大分・原尻の滝 | トップページ | 亡き者に、された雄輝18才 »

2006年4月 9日 (日)

 海の男の、男の姿

平成18年4月9日 私達は、今日、ある漁港の近海まぐろ船の、船主の自宅を、訪問しました。

そこには、家を預かる奥さんが、いました。 私達は、何の連絡もせず、突然の訪問となりました。 奥さんと、少しの時間をかりて、私達の事を述べました。 奥さんは、何のためらいも無く、私達に、快く応対して頂きました。

私達が、自宅を預かる奥さんに、今のまぐろ船などの海に対する、安全を聞きました。 奥さんは、まぐろは、確かに獲れない時もあり、値段もばらつきがあります。 でも、うちの方は、その様な事は、二の次にして、船員達の安全に対して、一番気をつけます。 

魚は、獲れる時は、獲れ、獲れない時は、諦めます。 でも、安全を怠ったら、船主は、大変な事では、済まない事になりますから。

私の方は、 (船主) 船員が、無事に出て、無事に連れて帰るのが、船主の義務ですから。

船主は、作業用救命衣は、いつ、いかなる時も、身に着けます。 水産ガッパの着用している時は、その下に着けます。 又、ここの漁港では、漁港が、皆に作業用救命衣の着用を、漁港全体で、徹底しています。

奥さんは、作業用救命衣は、着用義務でしょう と、私に問いかけました。 

私は、この船主の奥さんも、立派だけど、又、旦那さんも、海で生きる本当の、あるべき海の男だと思いました。 この様な、船主さんが、今から先、本当の、まぐろ漁を、続けて行く資格の人達と、私は、思いました。 この様な船主さんが、増えれば、安全は勿論、まぐろの減少にも、歯止めがかかると思いました。

人の命も、ないがしろにして、まぐろだけに、目がいっている船主は、国が、徹底した安全教育を、しなければ、私達の様な遺族は、減らないと思います。

名前などは、今回は、伏せて貰いますが、本当に、有難うございました。 又、機会があったら、ここの漁港に来て、色々な人達と、話をし、又、書き留めます。 

   ここの人達の、皆、安全で豊漁を、願っています。

Photo_5 この花は、ヘッカランです。

|

« 亡雄輝の思い出の大分・原尻の滝 | トップページ | 亡き者に、された雄輝18才 »

コメント

当たり前の事を当たり前にする・・・
これだけで助かる命や、失われずに済んだものが、世の中にどれだけあるでしょう。

この漁港の皆さんのように、徹底した安全対策はどこでも行われるべきだと思います。

人の命より大切なものはありませんものね。

投稿: おーた | 2006年4月10日 (月) 13時58分

お-たさんへ
いつも、私達遺族の事を考えて頂き、有難うございます。 私達も、昨日行った、この様な漁港の船などに、乗せていれば、と 今は、悔やむばかりです。 でも、私達は、当初より、述べている様に、これから先、海難事故で、一人でも犠牲者が、出ない様に国などに訴えて行きたいと思います。 又、コメントなど、お待ちしています。 
有難うございます。

投稿: さなちゃんより | 2006年4月10日 (月) 14時50分

仕事をする以上安全に気をつけて仕事をするのは当然の事だと思います。それを、怠ってしまうと事故につながるんだと思います。事故を起こしてしまった会社の船は又、漁にでたんでしょうか?ちゃんと、やるべき事はやらなくてはいけないはずなのに、利益だけを優先してしまう会社は本当にヒドイですね。逆の立場でもそうするんでしょうか?
今回は実際に船主の奥様の話が聞けて勇気ずけられたんではないですか?辛いことですが、色んな方のお話を聞くこともいい事だと思います。何をおいても、安全を一番に考えて欲しかったです。こういう辛い事故は無くなって欲しいと切に願います。

投稿: ひまわり | 2006年4月10日 (月) 18時22分

ひまわりさんへ
コメント、有難うございます。
若潮水産㈱は、もとより 海上保安部 又
国土交通省の船員労務官など、いずれ、自分達のやる事が、なんで有ったか、判ると思います。 その時が来た時は、一番困るのは、誰か・・・ その時は、私達が、ひまわりさん、その他の人達の力を貸して下さい。
 

投稿: さなちゃんより | 2006年4月10日 (月) 18時40分

この船主のお宅は、先日TVの方ですか?
どちらにせよ、当たり前の事を当たり前にこなすのが本来の考えであって、この危ない世界で義務違反をしてでも漁業をしようと言った考えは、やはり納得しがたい物が有りますね!!

投稿: 逆上がり | 2006年4月10日 (月) 20時49分

逆上がりさんへ
はい、そうなんです。 早速、行って来ました。 文章にもあった様に、突然伺って、奥様も、びっくりしていましたが、作業用救命衣の事は、当たり前の事ですよ。
この船主さん方は、船員の事を、第一に考えていました。 私達も、雄輝が、この様な船主さんの元で、働いていたなら・・・
後悔、先たたず です。
いつも、いつも、私達の事を、気遣って下さって、本当に、有難うございます。

投稿: さなちゃんより | 2006年4月10日 (月) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/1346748

この記事へのトラックバック一覧です:  海の男の、男の姿:

« 亡雄輝の思い出の大分・原尻の滝 | トップページ | 亡き者に、された雄輝18才 »