« 雄輝のペット | トップページ | 雄輝の庭 »

2006年6月23日 (金)

雄輝の記録 一歳の誕生

魚釣りが大好きなお父さんは、鮎かけもするので、お父さんが釣った鮎を、初めて、雄輝も食べたね。

毎年、食べていたので、骨抜きも上手だったね。

延岡鮎は、有名です。下をクリックして見て下さい。

http://www15.ocn.ne.jp/~nobekan/food/ayu/ayu.html

歩行器にも乗れるようになったけど、足が少し届かなく、最初は、足のところに座布団を置き、座っていました。

自分で動かせるようになった時、前ではなく、後ろに進んでいたね。

誕生日の餅踏み

まだ歩けなかったので、お母さんに抱えてもらったね。

色紙に、手型・足型の記念を作り、元気に育つ事を、願いました。

成人になるまで守ってあげれず、ごめんなさい。

でも、これから、海難事故撲滅に対して、頑張るので、

雄輝が、見守っていて下さい。

100043 1052         019_1

|

« 雄輝のペット | トップページ | 雄輝の庭 »

コメント

 確かにこのような考え方の人もいるとはおもいますが、自分の家族に起きた不幸を「仕方がない」で解決するにはあまりにも残酷です。人それぞれの考え方は自由だとは思いますが、もう少し考えても良いのではないでしょうか?ご遺族の方の気持ちを察しても良いのでは?仕方がないで済ませてしまうのであれば法律など必要ないと思います。
中傷的な内容のレスも多々あると思いますが、力をお落とさず頑張って下さい。

投稿: さくら | 2006年8月16日 (水) 15時34分

さくらさんへ
私達に対しての中傷的なコメントなどは、気にも留めるに値しないコメントですので、私達は、雄輝の為、誠を通す為、気にはしません。
私達は、さくらさん達の様な人としての道を重んじる人達が居るからこそ、頑張る事が出来ています。
私達に対しての中傷文は、間違いなく、まぐろ船に関する人達のコメントと、私は、自負しています。
でも、さくらさん達の様な人達が居るからこそ、頑張ります。
それが、私達が願っている、海難事故撲滅に値すると思っていますから。

さくらさん、私達を影ながら、見守っていて下さい。
心より、有難うございました。
残暑は、続きます、日々、健康で有ります様に。

投稿: 眞田より | 2006年8月16日 (水) 15時53分

掲示板、拝見しました。非難する人と言うのはどんな国にもいるとは思いますが・・寂しい気持ちになります。漁に出れば死をも覚悟して当然だ(私はそう受け取りました)そんな馬鹿な事がまかり通るのはおかしいと思います。陸だろうが海だろうがどんな仕事でも家族の無事を願い「いってらしゃい」と声を掛けて仕事に送り出すのは当たり前の日常だと思います。それを、「あなたは何がしたいんですか?」と、どうして聞けるのでしょう?やはり、国が今までずさんな対応で後回しにしてきた結果の様に感じます。腹ただしい気持ちでいっぱいですが、負けないで下さい。殆どの人が賛同してくれていると思いますので

投稿: | 2006年8月16日 (水) 20時22分

掲示板、拝見しましたさんへ

私達の掲示板及びブログを見て頂き、心より感謝いたします。

私達も陸の上で、危険作業は、して来ました。
高い所では、100m位の所で作業します、でも、いつ死んでも良いと思って作業は、した事は、一度もありません。
皆さんも、私と同じ気持ちで、仕事をしていると思います。
掲示板などにも書いている様に、まぐろ漁だけを庇っていても、法律は法律です。
裁判所の鉄則は、社会的ル-ルが元で、行っていると聞きました。
社会的ル-ルとは、法律なのです。
今の司法は、実際、私達が経験した範囲では、情けないと思います。
でも、遠洋まぐろ船でも、法律は、法律です。
司法など、判例など避けたいかも知れませんが、それをしたら、私達が、今している
海難事故撲滅に反しますから、徹底的に、戦い抜きます。
これから先も、私達を見守っていて下さい。
私達も意志が分かって貰い、心より有難うございます。

投稿: 眞田より | 2006年8月16日 (水) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/2343449

この記事へのトラックバック一覧です: 雄輝の記録 一歳の誕生:

« 雄輝のペット | トップページ | 雄輝の庭 »