« 雄輝の思い出 七夕 | トップページ | 宇和島水産高校への感謝 »

2006年7月 9日 (日)

雄輝の願い

   海難事故撲滅は雄輝の願いです

     風化させないで

  救命胴衣を着用しよう

・乗船者は全員救命胴衣を着用しましょう。
 いざという時にあなたの命を守ります。

【海に出たなら救命胴衣!】
※シートベルト同様に着用しましょう

Kaiho03
Kaiho01

|

« 雄輝の思い出 七夕 | トップページ | 宇和島水産高校への感謝 »

コメント

バリューに買い物に行き何気に持ち帰りまして、ブログ閲覧し、涙がこぼれました。私も18歳の息子がおり、自分に置き換えて考えても身のやり場がなく、胸が引き裂かれる思いです。どんなに息子さんは、無念であったでしょうか。まだかわいらしさの残る、りっぱな息子さんですね。家も稲葉崎で近くてびっくりしました。私は桜ヶ丘です。それにしても、若潮水産とはひどい会社ですね。信じられません、誠意というものがちっとも感じられませんね。なんという人達でしょうか?救命胴衣装着は当たり前だと思っておりましたので驚きました。なんて可哀想な。言葉もありませんが、ご両親、弟さんの気持ちを思うとやりきれない思いです。弟さん、お兄さんの分も頑張って生きてあげて下さいね。あなたの心の中にお兄さんは生き続けるでしょうから、悲しさに負けないで頑張って下さい。
私も何が言いたいかわかりませんが、何かコメントしたく書き込みました。ご両親もこれからの闘いには、体力もたくさんいるでしょう、お体ご自愛しながら一歩一歩進まれるよう心の中で応援したいと思います。雄輝君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

投稿: 斉藤 志津代 | 2006年7月15日 (土) 12時05分

斉藤さんへ
私達の気持ちが判ってくださって、有難うございます。
雄輝も斉藤さんの気持ちを、天国で喜んでいると思います。
私達は、昨日、海の裁判所である神戸海難審判所より、帰って来ました。
私達は、海難事故撲滅の四国の水産高校に行き、海難事故を風化させない為、先生達に会って来ました。
又、海難審判での概略をブログに書きますので、もし宜しければ、見てくれると、雄輝も喜ぶと思います。
今から先、暑さが増すばかりと思います、海・川などに遊びに行く機会も多くなると思います、海難事故が起きない様に、皆様、気をつけて安全を重視して、楽しく過ごして下さい。
コメント、雄輝・私達、ありがたく読ませて貰いました。
心より、有難うございました。

投稿: 眞田より | 2006年7月15日 (土) 14時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/2574193

この記事へのトラックバック一覧です: 雄輝の願い:

« 雄輝の思い出 七夕 | トップページ | 宇和島水産高校への感謝 »