« 漁船海難事故防止強化旬間 | トップページ | 雄輝の誕生日 »

2006年9月29日 (金)

海難防止

海難防止の意識を啓発

あすまで 強化旬間で細島海保 日向

海上保安庁は三十日まで「平成十八年度漁船海難防止強化旬間」(二十一日から)を実施している。

水産庁、国土交通省海事局、海難審判庁と連携し、漁業関係者の安全意識の向上と漁船の海難や海中転落に伴う、死亡・行方不明者の減少を図る。

細島海上保安署(新福憲一署長)は、①「ライフジャケットの常時着用」「防水パックを使用した携帯電話の携行」「一一八番の有効活用」の自己救命策三原則の周知

②航海中の見張りの励行を重点に置いた海難防止指導

③酒酔い操縦、危険操縦の禁止など法順守事項の徹底-などを行う。

今回、第十管区海上保安本部は漁船海難の発生状況や漁船での見張りのポイントなどをイラスト、写真を交えて紹介する冊子や自己救命策三原則を記したミニのぼりを作製して、漁業関係者だけでなく、漁協職員や漁業関係者の家族、水産関係者など広く周知を図る。

上記は夕刊デイリ-新聞 平成18年9月29日抜粋

海上保安部などは、真剣に海難事故防止を働きかけている所もあれば、ごく少数の保安官は、他の保安官に泥を塗っている者も居る。

929

|

« 漁船海難事故防止強化旬間 | トップページ | 雄輝の誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/3630264

この記事へのトラックバック一覧です: 海難防止:

» 水難救助隊の仕事【東京消防庁を目指す!!消防官への道】 [東京消防庁を目指す!!消防官への道]
河川や湖、そして海岸周辺で起きる水辺の事故などに対応するのが消防の水難救助隊です。水難救助隊で専任隊として配置されている隊はほとんどなく、多くが救助隊との兼任となっています。水難事故の際に、専用の水難救助資機材や救助艇(消防艇)を用いて人命救助を行な...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 6日 (水) 13時41分

« 漁船海難事故防止強化旬間 | トップページ | 雄輝の誕生日 »