« 命の尊さ | トップページ | 命の尊さ »

2006年10月12日 (木)

気をつけよう

ドリンク剤運転に影響

アルコ-ル微量含有

動体視力が低下

微量のアルコ-ルを含むドリンク剤やノンアルコ-ルビ-ルを飲んでも運転者の動体視力が低下し、交通事故につながる危険性が高まることを浅井清朗・名古屋経済大名誉教授(統計学)が実験結果で示した。

飲酒運転追放の機運が盛り上がる中で、浅井さんは「微量のアルコ-ル摂取による事故も意外に多い。ドリンク剤などに、もっと注意を払うべきだ」と警告している。

ドリンク剤は生薬入りが大半。その抽出に使っているアルコ-ルをたいてい1%近く含む。含有率は高価なドリンク剤で2、3%に達する場合があり、ノンアルコ-ルビ-ルでは1%未満。

浅井さんは運転能力の基本として、動きながら動くものを見たりする動体視力に注目した。アルコ-ルを1%含むドリンク剤1本百ミリリットルを三十八人の大人に飲ませて動体視力の変化を調べた。

アルコ-ル量は日本酒でおちょこ一杯にならないほどだが、平均の動体視力は、飲む前の0・69から、飲んだ十分後には15%減の0・59まで低下し、一時間後も0・62に下がったまま。影響は二時間続いた。

ドリンク剤を飲んだ直後の血中アルコ-ル濃度は、道交法で酒気帯び運転とされる基準を大きく下回り、運転者に酔いの自覚はない。

一方、飲酒後の交通事故のうち約30%が酒気帯び基準未満であることが警察庁の統計で分かっており、わずかなアルコ-ルも事故に絡んでいるのが実情だ。

浅井さんは「ドリンク剤一本を飲んだだけで動体視力が最大15%低下するという危険は無視できない。

酔いの自覚のない微量アルコ-ルでも、運転能力を支える視覚機能が下がることを知ってほしい」と話している。

上記 宮崎日日新聞 平成18年10月12日抜粋

|

« 命の尊さ | トップページ | 命の尊さ »

コメント

私は、お酒がまったく飲めません。父譲りです。梅酒の梅で酔っ払います。栄養ドリンクのお話は改めて怖くなりました。私のような体質の者が飲んだら大変ですね。

投稿: 野川喜美子 | 2006年10月13日 (金) 11時03分

野川喜美子さん、コメント有難うございます。
薬などでも、眠気が有るかも知れませんので注意して下さい。と注意書きがあるのだから、生薬の入ったドリンク剤は特に注意ですよね。これから先、気をつけて飲みましょうね。

投稿: 眞田より | 2006年10月13日 (金) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/3778402

この記事へのトラックバック一覧です: 気をつけよう:

« 命の尊さ | トップページ | 命の尊さ »