« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006年4月 7日 (金)

亡雄輝の思い出の大分・原尻の滝

平成18年4月7日 今日は、天気が良く、二人で花の話しをしてて、大分県緒方町の原尻の滝のチュ-リップが、咲いているのではないかとなり、出かける事にしました。

大分県緒方町の原尻の滝は、延岡から、約2時間位で行ける場所です。

原尻の滝は、雄輝が小学6年 中学入学前の春休みに、家族で出かけた場所なのです。

  

この時は、まだ、チュ-リップは、咲いていませんでしたが、今日は、沢山のチュ-リップが咲いたり、桜の花も咲いていました。

原尻の滝も、ナイアガラの様な滝なのです。

勿論、雄輝も連れて行き、雄輝に話しかけながら、見学をしたのです。

雄輝も久々の、滝など見て、喜んでいると思います。 

雄輝にも、又こようね と話しかけて、近くをドライブしてみました。

11322010_1  1847_022               

1847_010

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

雄輝の命を奪った・・・司法警察の有り方

保安官 及び 船員労務官は、水産㈱ 第108若潮丸で、何が、どの様にして、何処で、何故、転落事故が、あったか、正確にするのが、使命のはずである。

作業用救命衣の船員法にある事は、判ってはいる様だ。 (義務違反) 法律違反

一人作業も、船員法にある (義務違反) 法律違反

落下防止なども 船員法にある (義務違反) 法律違反

この様な違反を、是正するのも海上保安庁の保安官の役目である

海上保安庁法

 

第一章 組織

第一条 海上において、人名及び財産を保護し、並びに 法律違反を予防し、捜査し、及び鎮圧するため、国家行政組織法 (昭和23年法律第百二十号) 第三条 第二項 の規定に基づいて、国土交通大臣の管理する外局として海上保安庁を置く。

この法律は、保安官たる者、判っていると思う。 

亡雄輝の違反操業にて転落行方不明死を、甲板作業の作業用救命衣着用義務違反だけに、絞ったのは、疑問である。

他の船員法違反などは、保安官たる者、無視して良いのでしょうか。 

いずれ、串木野海上保安部が、検察庁に、調書を提出した時、明らかになる。 私は、明らかにする。

日本の法律による 日本の国籍の船舶は、世界の、どの海域でも、日本の法律が、適用される。

 

捜索などの手順は、 国際航空海上捜査救助マニュアル (第Ⅲ巻) 移動施設 海上保安庁警備救難部救難課 監修

社団法人 日本水難救済会 編   海文堂

003 006

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

雄輝が過ごした宮崎海洋高校寮へ行く

平成18年4月3日 宮崎海洋高校の寮母さんより、寮へ、いらっしゃいませんか と電話がありましたので、私達は、宮崎海洋高校の寮へ行きました。

私達も、雄輝が過ごした寮なので、本当は、年に何回も行きたいのですが、

寮に行ったら、寮生活の雄輝が写った写真などが、頭に横切り、雄輝が、ここで、寮生などと、

楽しく過ごした顔が、直ぐにでるので、考えると辛いので、寮から、どうしても足が遠のき、なかなか行けませんでした。 

でも、寮母さんや寮監さんの顔なども見たいし、雄輝の寮生活の話なども聞きたいし、複雑な思いの中、今日、行って来ました。 

やはり、雄輝の顔が、ちらつき、表現がしにくいのですが、・・・ 

でも、寮母さん・寮監さんと話しているうち、雄輝の事などの話が、・・・  

寮母さん・寮監さんは、私達が、もう2年経つので、水産㈱と示談などの話が済み、 

私達も、少しは落ち着いた頃だと思っていましたが、全く、其のままで、

私達は、雄輝共々、ないがしろに、されているのを知って、寮母さん・寮監さんは、水産㈱等に対して、憤慨していました。 

この様な事だから、安全について、全くなっていない様な事を言っていました。 

私達も、全く以って、同意見です。 私達は、この様な会社は、この世に、存在する価値のない会社だと、言いました。

寮母さん・寮監さんは、お父さんが、厳しく育てたので、今の世の中に珍しい良い子でした。 

寮母さんは、私の作った料理を、いつも、感謝の気持ちで、雄輝君は、食べてくれていたとの事でした。 

そして、寮母さん達は、雄輝の笑顔で、元気づけられていたとの事でした。

613Yve21

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »