« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »

2006年4月22日 (土)

雄輝の思い出 わらび採り

わらび採りの思い出

初めてわらび採りに行ったのは、1才7ヶ月で、お菓子を手に持ち、皆の後を、ついて回りました。 

犬が大好きな雄輝は、自分の家の犬でなくても、寄って行き、お菓子を、あげていました。

自分で、わらびを採る様になった最初の頃は、わらびの区別がつかず  山しだ とか ぜんまい なども、採っていました。

写真は、小学校3年生で、この頃は、走り回って、楽しそうに、沢山採っていました。

お弁当を作って行き、お昼ごはんを食べていました。

086  088 089 090 087

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おながかんあおいの花

_018_1 平成18年4月21日に

今日、妻と2人でかんあおいの、展示会に行って来ました

その時の様子を、載せます。

宜しかったら、見て下さい。

_012_1 _010_2 _013_1 _014 _015_1 _016_1

_023_7_017_2 _019 _020_1 _021 _022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

雄輝の思い出 城山花見

延岡では、一番の花見見学が、多い延岡の城山です。

雄輝が子供の頃は、(写真の後ろ)サル山が有り、沢山のサルが、居ました。  

私達が、子供の頃は、熊・シカ・ライオン・さる・やぎ・いのしし・がちょうなどの動物がいて、ミニ動物園で、乗り物の車などあり、城山に来るのが楽しみだった場所なのです。

今は、サル山も無く、動物も居なくなりました。

現在の城山では、延岡薪能が、年に一回あります。

写真は、花見を、楽しんだ頃の写真です。(2才7ヶ月頃です)

085

084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんあおいの花

066 064 062_1065

今日は、かんあおいの素心花を掲載します。

結構 見ごたえが、あります

又、亡雄輝の事も、宜しくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

亡雄輝の三回忌を前に

平成18年4月19日

雄輝の親友のお父さん、お母さん、が来てくれました。

ここの、お父さんは、昔から、船乗りでまぐろ船などの、経験豊かな人です。

今は、内航船のタンカ-に乗っています、だから船など判っています。

又、お父さんは 船に乗船しているので、陸に上がった時は、延岡に来てくれます、私達、いつも 愚痴など言っていますが、いっも私達の話を聞いてくれます。

私達は、感謝しています。

又、ここの 息子さんは、 (雄輝の親友) 、お父さんと一緒のタンカ-に乗船しています。 いつも息子さんと、雄輝が、何故、ベルトコンベア-に乗って、転落したか、???話しているそうです。

雄輝は、絶対に、そこには乗らない と、息子さんは、今でも思っているそうです。

私達も、雄輝の性格を、一番知っているので、絶対に、ありえません 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

山野草・着生ラン

_017_1 Photo_7 Photo_9

Photo_10Photo_11姫うらしまそう

素心あぶみ

ムカデらん

左のムカデらんは、今は延岡でも、めったには、在りません。

私の知ってる、限りでは、3ヶ所ぐらいです。

花は、マッチの頭ぐらいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

山野草・寒葵

_005_3 _007_1 _008 _010_1 _011_2 _012

今日は、パンダ系と、尾長寒葵の掲載を、しました。

尾長寒葵は、宮崎の特定の、場所でしか見れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

山野草・寒葵の種類

寒葵の顔を見て下さい。私が、展示会にて写真を撮ってきました。

_001_3 _002 _003_1 _004_1 _009_1

   又、掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和60年9月27日の海難記事

018_1 昭和60年9月27日 この年の、この日に、雄輝が、この世に生の足跡を作りました。 

私達が、雄輝の、18年7ヶ月の足跡を、少しづつ、片付けていたら、 夕刊デイリ-による 海上保安庁などの安全についての、船舶の乗組員安全研修会の記事がありましたので、抜粋の上、意見など述べたいので、書いてみました。

本文の中に、研修会は、展開中の海難防止強調運動の一環。

九州運輸局細島海運支局の中西支局長が「今後ますます旅行客、釣り客の増加が予想され、運輸省でも航行安全を掲げている。みなさんも海上法規を守って気象、海象に注意し、事故のないように」とあいさつ。

細島海上保安署の福田署長が、今年四月、鹿児島県串木野市沖で発生した死亡十三人、行方不明十四人の大惨事となった瀬渡し船の事故例をもとに、安全航行を呼びかけた。

このあと研修に移り、細島海上保安署の大脇次長が海難発生状況と事故防止を話した。

昨年一年間に全国の海難事故は千九百二十隻、うち十管区海上保安本部管内の南九州地区は百三十五隻、細島海上保安署管内は十九隻、平均すると月に一・五隻ほどになり、事故の形態は転覆が五隻と最も多く、衝突四隻、乗りあげ三隻など。 

これがワ-ストスリ-で、事故の原因は見張り不十分など、。

船別では漁船が多く、瀬渡し船の事故も二隻あり、これは岩場への乗りあげ。

大脇次長は実際の事故例をひきながら「事故防止には見張りが第一」 

上記が、新聞 抜粋

今でも、全国の海難事故の割合は、十管区海上保安本部の内、串木野自体は、海難事故は、全国平均を上回っている。 ト-タル的に、海難事故は、全国の5本の指に入る。

今現在、約20年経っても、海難事故の減少が、見られないのは、何故ですかね。

海上保安部など、保安官による、事故処理など的確に、成されているのでしょうか。???

私達遺族が思うに、成されていない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

家の花達

今日から、たまに、私達共同の趣味である、花・山野草などを、掲載させて、貰いますので、見て下さい。

少しでも、興味のある方は、カテゴリ-で

私の趣味の山野草・花達を見て下さい。

_013 _005_2 _015

3枚の写真の花達は、全国で宮崎県の県北だけしか、生息していない

尾長寒葵で、まだ、未登録品です。

_042_1 _016 _017

写真の上が、姫うらしまそう です。 雑草を取っていたら、咲いていました。

左が、斑入りのノカンゾウです。 花は、オレンジ色が夏頃、咲きます。

_020 家の、ツツジです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月9日 - 2006年4月15日 | トップページ | 2006年4月23日 - 2006年4月29日 »