« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »

2006年7月21日 (金)

宇和島水産高校への感謝

278 平成18年7月14日  神戸地方海難審判庁より帰宅中、連絡無しで、どうしても水産高校など周り、少しでも海難事故撲滅を、訴えたくて、宇和島水産高校などに寄り、海難事故撲滅を訴えてきました。

宇和島水産高校の校長先生は、私達を、快く迎えてくれました。

私達が、訴えている海難事故撲滅などの話を、聞いて下さった事は、私達は、感謝の意で一杯でした。

私達は、雄輝と同じ志を持った若き命を、・・・

私達は、えひめ丸の慰霊碑に行き、写真など撮りました。

本当は、私達が、作った海難事故撲滅などのプリントした、Tシャツを着たかったのですが、生徒達の事を考えると、着る事が出来ませんでした。

私達は、慰霊碑に合掌をしました。

私達は、雄輝の事が、頭に浮かび、なんと書いていいのか判りませんが、無念です。

事故は、相手にとっては、何とも思わないかも知れませんが、遺族にとっては、憤りなどは、一生消えません。

これから先も、私達は、海難事故撲滅を訴えて行きたいと思います。

277 279








慰霊塔は、犠牲になられた9名の御霊の訴えです。

慰霊塔は、7つの海・9名の御霊の証です。

この9名の御霊の一命は、雄輝と同じ、亡骸もありません。

私達は、これから先も、この様な悲惨な事故が、起きない様に、訴える事が、私達の責務と自負しています。

宇和島水産高校の、これからの安全航行を、お祈りします。

宇和島水産高校の校長先生、本当に、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月9日 - 2006年7月15日 | トップページ | 2006年7月30日 - 2006年8月5日 »