« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月10日 - 2006年12月16日 »

2006年12月 9日 (土)

富士山の顔

富士山の色々な顔です。

_092

_111_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当の船乗り

平塚の生命のメッセ-ジ展に行った時に、雄輝が宮崎海洋高校の長期訓練で帰港した、三崎港に行きました。

そこで、すぐ目に付いた遠洋マグロ船の風景でした。

そこでは、出港寸前のマグロ船の光景でした。

この船舶の船員達は、皆作業用救命衣着用での作業でした。

私達は、その時思いました。

この船舶の人達のように、作業用救命衣を出港時から皆着用している姿を見、このような船舶に乗船していたならば、雄輝は、絶対に亡くならなかったと思います。

_066 _068

写真のマグロ船の皆さんの安全な航海・豊漁を心から願っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

平塚生命のメッセ-ジ展

私達は、神奈川県平塚美術館で開催される生命のメッセ-ジ展に11月23日よりフェリ-・陸送で神奈川県平塚市へ行きました。

途中、焼津港などに立ち寄りました。

焼津港には、遠洋マグロ漁船が複数停泊していました。

近くにいた乗組員に訊ねた所、400トン以上の遠洋マグロ船でした。

その船舶には、乗組員達が船内に数名いましたが、ブルワ-クの高さは、ズボンのベルトより少し上位の高さでした。

神戸海難審判庁の裁決謄本にある150cmの高さは、間違ってもありませんでした。

国内に於けるブルワ-クの高さ150cmの船舶は存在しないと乗組員達から笑われました。

乗組員達は、150cmあったら仕事など出来るものか、誰が、その様な事を言ったのかと言われました。

私も、今までに1万トン以上の客船など乗ったけど、一度も150cmのブルワ-ク及びトップレ-ルの船舶に出会った事は、一度もありません。

もし、私達のブログを見てくださっている方で、150cmのブルワ-クの船舶が存在するなら、教えて下さい。

_245 

_305

| | コメント (0) | トラックバック (1)

平塚生命のメッセ-ジ展

今回、神奈川県平塚美術館で開催される生命のメッセ-ジ展の準備風景です。

この生命のメッセ-ジ展は、第三者より理不尽で奪われた命の尊さを展示しています。

ここに展示されている人型メッセンジャ-は、氷山の一角にすぎません。

でも、誰かが訴えなければ闇に葬られる事になります。

命は、何人たりとも犯す事の出来ない事柄です。

でも、理不尽で奪われてしまった命なのです。

命については、司法・行政は真剣には、被害者側には、返ってはきません。

亡くなった命より、今の時代、加害者優先で働いているのが、司法・行政のあり方です。

理不尽・不条理がまかり通る世の中を、是非、見て下さい。

_002_6 _011_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

船舶のブルワ-ク

平成18年8月31日神戸地方海難審判庁による裁決謄本

神戸地方海難審判庁は、調査官による108丸の船舶の調査の際、ブルワ-クの高さを113cmと実地検証し、神戸地方海難審判庁は、理事官含む4名の裁決謄本によれば、

ブルワ-クの高さを150cmとする裁決謄本を作成した。

これは、改ざん、そのものである。

国土交通省の管轄の行政がこの様なでたらめな事をして、業者に優位に働くようにした事は、公文書偽造にあたいする。

私達は、平成18年11月28日より神奈川県平塚美術館で生命のメッセ-ジ展が開催されるにあたって、フェリ-など利用し、平塚に出向きました。

行きは、臼杵フェリ-・徳島フェリ-・鳥羽フェリ-などに乗船しブルワ-クの高さを精査しながら行きました。

各フェリ-は、2000トン以上のフェリ-です。

ブルワ-クの高さは、各船とも105cm~110cmの高さでした。

船のブルワ-クは、分かりやすく説明すると家のベランダの手すりと(落下防止)同じ事です。

何故、神戸地方海難審判庁は、この様なでたらめな裁決謄本を作成したかは、・・・

雄輝の海難審判の中にまぐろ関係者が2名いたそうです。

今から先も神戸地方海難審判庁の暴露を掲載します。

私達は、ここに至るまでに神戸地方海難審判庁に資料提出又、108丸の帰港日及び海上保安庁による実地検証場所などを提示してきましたが、完全に裏切られました。

この様な事で海での裁判所にあたる審判庁のあり方を疑います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

命の尊さ

平成18年11月23日より

神奈川の平塚で開催された、

生命のメッセージ展に行ってきました。

此処では、不条理に命を奪われた人々の事が、

展示されています。

機会が、ある方は是非いってください。

今度は、平成18年12月5日より10日まで

早稲田大学学生会館で開催されます。

私達の最愛なる眞田雄輝もありますので宜しくお願いします。

いつ、何処で起きるか分からない、不条理を見てください。

お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月19日 - 2006年11月25日 | トップページ | 2006年12月10日 - 2006年12月16日 »