« 仏壇の思い | トップページ | 命の重み »

2007年1月20日 (土)

生命のメッセ-ジ展 早稲田大学 実行委員長のお礼

生命のメッセ-ジ展 早稲田大学は平成18年12月5日から10日 早稲田大学学生会館で開催されました。

実行委員長さんから、お礼状を頂きました。

一部紹介したいと思います。

早稲田大学でのメッセ-ジ展も今年で3回目となりましたが、今年もまた様々な出会いや感動がありました。

例年のように、学生スタッフひとりひとりがメッセ-ジ展に携わる中で多くのことを学び感じ考えさせられ、それらすべてがそれぞれの胸に深く刻み込まれたように思います。

机の上で勉強するだけでは決して学ぶことの出来ない「いのちの尊さや大切さ」「残されたご遺族の悲しみや苦しみ」などを体と心で感じ、心を震わせ涙を流した経験は、かけがえのない貴重なものでした。

このような機会を与えて下さった参加ご家族の皆様、ならびに支援者の皆様には感謝の言葉が尽きません。

私たち未熟な学生スタッフを常に温かく見守り、励まし支え続けて下さり本当にありがとうございました。

「ひとりでも多くの人に、メセンジャ-と対話してもらいたい。」その強い思いが私達学生スタッフを動かし、支え、何とか無事6日間の開催を終えることが出来ました。

多くの方々のご支援ご協力に、あらためて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

上記が御礼文でした。

実行委員長の00さんは、お母様が癌と闘い続けている状態の時、メッセ-ジ展を頑張ってやり通して下さいました。

12月18日に51歳で亡くなったそうです。

彼女は、お母様の側に付き添っていたかったに違いありませんが、私達の為に頑張って下さいました。

私達は、彼女に感謝しています。

そして彼女は、お母様が亡くなり、こんな風に感じているそうです。

私は今、[母をどう生かしていくか」を日々考えています。

そして、私の生きていく姿に母を重ね、母をいつでも思い出してもらうことで、母はずっと生き続けることが出来る。

人は、忘れられた時に死ぬのであって、それならば今を生きている私達が母のことを忘れなければ母は行き続けることが出来るのだと考えるようになりました。

こんな風に考えられるようになったのも、3年間メッセ-ジ展に携わり、メッセンジャ-やご遺族の皆様から「死者は無力ではない」ことを教えてもらったからです。

もしメッセ-ジ展と出会っていなかったら、私はこんなにも母の死を真正面から受け止めることは出来ていなかったと思います。

あらためて、生命のメッセ-ジ展に出会えて良かったと心から思いました。

本当にありがとうございます。

上記が今感じている気持ちだそうです。

メッセンジャ-達は、今の世の中の憤り・不条理に怒り・命の尊さの大切な事を皆様に伝えています。

近くでメッセ-ジ展がある時は、是非、足を運んで下さい。

|

« 仏壇の思い | トップページ | 命の重み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/5055817

この記事へのトラックバック一覧です: 生命のメッセ-ジ展 早稲田大学 実行委員長のお礼:

« 仏壇の思い | トップページ | 命の重み »