« 天国の雄輝から | トップページ | 海難審判法 »

2007年1月13日 (土)

一輪のユリ

19112_004 19112_003 私達の住む宮崎県延岡市でも、朝起きると霜が降りている季節です。

今、庭先に茎は細いけれど、立派な花をつけているユリの花があります。

この寒い中で必死に咲いているユリを見て、生きよう 生きよう と頑張っているように感じます。

雄輝が他界してから、以前に比べ自然のユリが沢山咲くようになり、雄輝がユリを好んでいるのかなと・・・・

この寒い中咲いているユリは、雄輝が生きたかった気持ち・私達に頑張って と話しかけているように思います。

雄輝の側にも花を生けていますが、ユリの花は香りも良く、雄輝が安らぐと思い、いつも安らいで貰うため・・・・

自然界でも、花は枯れても花の命は、死んでいないから、翌年には又、人を楽しませる為、花は咲きます。

命あるものは、すべて恩返しをしてくれます。

|

« 天国の雄輝から | トップページ | 海難審判法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/4910723

この記事へのトラックバック一覧です: 一輪のユリ:

« 天国の雄輝から | トップページ | 海難審判法 »