« 東国原知事 県庁カフェにて | トップページ | 次回のメッセ-ジ展案内 »

2007年7月19日 (木)

生命のメッセージin大阪展

生命のメッセ-ジ展大阪南港ATC展が終わりました。

メッセンジャ-よりメッセ-ジ展の写真が送られてきました。

どの遺族も、それなりに月日に関係なく色々な事を思い出す事でしょう。

遺族は何年経っても傷は癒される事は有りません。

昔の言葉で「明日は我が身」ということわざが有りますが、ただそれだけの事で済まされない事も遺族なら誰しも思っているでしょう。

それ程、残された遺族は理不尽に扱われ、又、亡くなった人々も追い討ちをかけられているのが今の日本のあり方なのです。

残された遺族は、訴えても理不尽にされています。

命、死んだ者より生きている者(犯罪者)を重視しています。

これでは、真の命の尊さは蔑ろにされています。

雄輝も頑張っている写真が有りますので見てください。

雄輝達の叫び声です。

機会がありましたら是非、生命のメッセ-ジ展に足を運んで下さい。

036_2 134_1

|

« 東国原知事 県庁カフェにて | トップページ | 次回のメッセ-ジ展案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/7200268

この記事へのトラックバック一覧です: 生命のメッセージin大阪展:

« 東国原知事 県庁カフェにて | トップページ | 次回のメッセ-ジ展案内 »