« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »

2007年1月27日 (土)

鳶首談合?

平成19年1月26日 夕刊デイリ- 抜粋

鳶首談合? トビの群れ

「談合」は、もともと話し合うことが本義。

だが一転、業界、官のすたれることのない腐れ縁もあり悪のイメ-ジの方が強くなってしまった。

鳥の世界に例えた「鳩首凝議(きゅうしゅぎょうぎ)」=鳩首協議=の語句もある。

ハトのように人に群れ集まり話し合うことらしい。

ハトに限らずトビも談合する=写真=。

舞い降りた姿をめったに見ないが、冬田のあぜで十数羽が互いの顔を見あわせていた。

さしあたり鳶首談合(えんしゅだんごう)とでもいうのだろうか。

上記が新聞記事抜粋

写真は、少し分かりにくいかも知れませんが、考えてみれば、今世の中に蔓延しているグレ-ゾンなのでしょうか??

187

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

雄輝の資格権利

眞田雄輝、四級海技士は、2年以内に口実試験だけで合格でした。

三級海技士は、3年で取得する事が出来ました。

でも、これは、乗船69日目で、船員法違反などで、他界させられました。

雄輝は、将来の設計も立てており、すべて無にさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

亡骸と遺骨

亡骸がないという事は、最後の姿を見れない。

遺骨がないという事なのです。

私達にとって

お墓・納骨堂 何の為にあるの・・・

遺骨があると形見にペンダント・指輪などが出来るのですけど、それもできないのです。

でも、何でも良いから、親としては雄輝の物を体に着けていたい。

昔、ペンダントでロケット(写真を入れる)があったのを思い出し、

宝飾店に行くと、「最近は、ないですよ」と、あっさり断られる店ばかりでした。

しかし、M宝飾店の方々に出会い、私達の心情を察してくださり、探して下さりました。

そして今は、私達の話相手にもなってくれています。

誰かに胸の内を話すだけでも、落ち着いたりするものなのです。

ペンダントの中には、笑顔の雄輝の写真が入り、出かける時は、いつも一緒です。

私達には、残された雄輝への思いは、そのような形しか出来ません。

子供が親より先に旅たつ辛さ・虚しさなどありますれど、私達には、そのことすら出来ません。

雄輝を船主などが、親元に返してやらなければならない、という事すら、しなかったからです。

私達は、2年8ケ月経ちますが、・・・

今は、悲しさ・虚しさではなくて、憎しみだけです。

私達の思いは、間違っているのでしょうかね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

雄輝の干支

雄輝の干支は丑で、私達は、牛の置物や絵馬・その他を集めています。
牛本来は、温和で争いごとは、好まないという性格の動物です。
雄輝自体、今時には珍しい程、やさしい子供でした。
下の写真は、横須賀で戦没者慰霊祭の帰りに、
和歌山の那智の黒牛などが有名なのを知り、買って帰りました。
新第三紀の泥質堆積岩としては、例外的な緻密さを持っています。 那智黒石は、神川町神ノ上集落から大河原集落にいたる東西約4kmに分布していて、硯のほかに、碁石黒石や試金石、文鎮、装飾用の置き石など、古来から現在にいたるまで、さまざまな用途に使われています。 ...
Photo_18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

命の重み

風化させないでください。亡眞田雄輝(当時18才)の願いです

転落行方不明になった息子は、子供の頃から海が好きで、中学時代には船に乗る仕事を、したいと考え、高校は海洋高校に行くと早くから決めていました。

高校時代は、必要とする免許も頑張って取得しました。

将来の第一歩として、A社は給料も良いし、大きい船に乗れる事で夢を膨らませていました。

求人票には、入社が4月1日と書いてあったので、そう思っていたら、2月5日、A社事務所で船員手帳の手続きで行った時、2月27日焼津集合、3月3日焼津港出港。

出航期間18ヶ月が22ヶ月に、なったと聞かされました。

雄輝は、A社に役に立つ船員になりたいと、卒業式までの自宅待機の時も、学校に行き、授業では習わなかった、ロ-プワ-ク・ワイヤサシなど、船に乗った時必要なな事を、勉強に行きました。

学校側は、正式な卒業式に間に合わないとの事で、雄輝の為に2月20日先生・生徒を集めて、卒業式をしてくれました。

雄輝は皆に感謝し、仕事はたいへんだろうけど、皆に会うのを、楽しみに頑張りたいと、言っていました。

平成16年5月9日(母の日)、船舶電話から運搬船で送って貰いたい品が何かを、話しました。

その次の日、5月10日、転落行方不明と連絡が来る

出航して69日目

私達は、頭の中が真っ白になり、何がどうなったのか、訳が判りませんでした。

これでは、18歳で亡くなった雄輝に対して、私達は、申し訳無いと感じ、1から船に関する事・法律を勉強して来ました。

船主側は、第一に安全・第二に品質・第三に漁獲高、この様な体制でやって貰いたい。

人の命は、何人たりとも、犯す事は出来ない。

もし、これを犯したならば、法律により、罰せられる。

これが社会的ル-ルである。

これは国民の権利である。

船主側は、本当に船の周りは何があるか、知っているのだろうか。

船の周りは、奈落の海以外何も無い。

その様な環境の中で作業させる以上、国が定めた法律を、繰り返し、繰り返し、徹底させる義務があると思う。

国土交通省も、地方任せで無く、徹底的に調べて頂き、船主に船主の自覚・海難事故防止を、させて貰いたいです。

雄輝自体、転落後、絶対に生きたかった。

でも、生き様としても、その糧が無かった。

しがみつく物が何も無い海中で、どんな思いでいたか。

これでは、雄輝が生き様としても、諦める他、無かったと思う。

父は、雄輝が海中に沈みながら、笑顔で「お父さん・お母さん、ごめんなさい」と言って沈む夢を見ています。

それが、航海時の雄輝の最後の姿です。

私達は、雄輝の命を、無駄にしたく無いし、私達が、どれ程の苦痛を味わっているか、本当に判る人は少ないと思います。

私達の様な苦痛を、味わう人が居なくなる様に、徹底して頂きたいし、私達も、国と協力して、海難事故防止に向けて行動して行きたいと考えています。

(未だに、亡骸はないままです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月14日 - 2007年1月20日 | トップページ | 2007年1月28日 - 2007年2月3日 »