« 救命胴衣着用で助かる | トップページ | 民事裁判 »

2008年3月22日 (土)

海洋高の実習船帰港

平成20年3月22日 宮崎日日新聞抜粋

海洋高の実習船帰港

技術学び成長実感

宮崎海洋高(岡林勝洋校長、三百二十一人)の実習船・進洋丸(山下秀明船長、六百四十六トン)が二十一日、海洋科学科機関系生徒三十六人を乗せての七十三日間の実習航海を終え、宮崎港に帰ってきた。

帰港式では岡林校長が「帰ってきた皆さんの姿は自信があふれている。

今の気持ちを忘れずに学習や部活動に励んでほしい」とあいさつ。

実習生を代表し、飯干真一さん(一七)が「毎日が初めての体験で、一人一人が成長できた。生きたマグロを間近で見たり触れたりしたときは疲れも忘れていた」と述べた。

進洋丸は一月九日に宮崎港を出港。

ハワイ沖でのマグロはえ縄漁や海洋観測を体験、船の機関運転の技術なども学んだ。

漁獲したメバチやキハダなどのマグロ類やシロカジキなど約三十六トンを神奈川県三浦市の三崎港に水揚げした。

234

|

« 救命胴衣着用で助かる | トップページ | 民事裁判 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/11650541

この記事へのトラックバック一覧です: 海洋高の実習船帰港:

« 救命胴衣着用で助かる | トップページ | 民事裁判 »