« 感謝 | トップページ | あざみ »

2008年5月13日 (火)

海上保安庁

風化させないで下さい

「未来の世代に対し、安全・安心な環境」

平成20年5月12日夕刊デイリ-新聞抜粋

創設60周年迎える

両陛下や首相出席し式典

海上保安庁の創立六十周年を記念する式典がきょう午前、東京都内のホテルで開かれ、天皇、皇后両陛下や福田康夫首相ら約三百人が出席した。

海上保安庁は、海運総局不法入国船舶監視本部などを母体として、昭和二十三年五月に発足。

当初は機雷掃海業務も行っていた。

朝鮮戦争中には米軍の要請で、朝鮮半島近海に特別掃海隊を出動させ、隊員に死者が出たこともある。

同二十七年に海上自衛隊の前身組織が同庁から分離した後は「海の警察」としての任務に専念。

海上での事件捜査や警備、救難などの活動を続けている。

天皇陛下は式典で「さまざまな危険や困難を乗り越え、海の安全の確保に尽力した関係のあったことを思い、その苦労をしのびます」とあいさつした。

以上抜粋

|

« 感謝 | トップページ | あざみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/20926608

この記事へのトラックバック一覧です: 海上保安庁:

« 感謝 | トップページ | あざみ »