« 2008年2月17日 - 2008年2月23日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2008年3月 1日 (土)

海難審判

風化させないで・・・・

「未来の世代に対して、安全・安心な環境」

凹甲板の事実

下記が、宮崎海洋の新進洋丸

19323_005

下記が、第108若潮丸の凹甲板

007

上記の、緑の部分までが、約1M

の上白い部分を、入れて甲板上約2.4M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

漁船もライフジッケットを

風化させないで下さい

「未来の世代に、安全・安心な環境」

平成20年2月27日 夕刊デイリ-抜粋

漁船もライフジャケットを

海保など

海上保安庁と国土交通省海事局、水産庁は二十五日、ライフジャケット着用率が低い漁船の乗組員らに漁労中などでも確実に着用するよう呼び掛けるキャンペ-ンを三月一日から十五日まで実施すると発表した。

一人乗り漁船の乗組員に四月以降、漁労中の着用が義務付けられるのを機に企画されたキャンペ-ンだが、海中転落者の生存率はジャケット着用者では82%に上がり、非着用者の48%に比べ倍近くに上がることなども強調。

漁労中でなくてもなるべく着用するよう呼び掛ける。

以上抜粋

当遺族の意見としては、

これは論外である。

救命胴衣の定義づけは、海のシ-トベルト。

この意味は、漁労作業は関係無く、漁船・レジャ-ボ-トは、乗船すると着用義務。

国土交通省・水産庁・日本の周りに何があるか精査しているのか疑問である。

海上での労災事故では、陸上の5倍

労災死亡事故では、7倍

国土交通省は、第9次船員災害防止計画に順次た事案ではないと思う。

国は、命の尊厳を度の様に考えているのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月17日 - 2008年2月23日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »