« 強制執行妨害罪 | トップページ | 不法行為 »

2010年4月14日 (水)

共同正犯

「安心・安全は・・・」

共同正犯  

 理由

 共同正犯[編集] 日本の刑法は、その60条で共同正犯を規定する。 (共同正犯) 第六十条  二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。 共同正犯の効果

 共同正犯は、「すべて正犯」とされ、自ら実行しなかった行為から生じた結果についても刑事責任を負う(同条)。たとえばAとBが結託して共に拳銃を使用してCを殺害した場合、Aの発射した弾丸が命中せず、Bの発射した弾丸でCが死亡した場合であってもAは正犯としての罪責を負う。この共同正犯の効果を一部実行・全部責任の原則という。

 一部実行・全部責任の原則が認められる根拠は、有力学説によれば、特定の犯罪実現 に向けての相互利用補充関係があるためとされる。すなわち、二人以上の者が、共同実行の意思に支えられ、特定の犯罪実現に向けて共同するという相互利用補充関係によって法益侵害の危険性が増大した点が、全部責任を負わすに値すると評価されるためとされる。

|

« 強制執行妨害罪 | トップページ | 不法行為 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/62722/34194944

この記事へのトラックバック一覧です: 共同正犯:

« 強制執行妨害罪 | トップページ | 不法行為 »