2007年1月 1日 (月)

雄輝への年賀状

今年も雄輝の小学校の頃の恩師から、雄輝へ年賀状が届きました。

勿論、雄輝のお別れ会も出席して下さった恩師です。

雄輝は高校卒業まで、お世話になった恩師には、毎年、年賀状を出していました。

雄輝が他界した事は、分かっていますが、

恩師には、心の中に雄輝が生き続いており、

雄輝が他界しているとは、私は信じません。

雄輝君宛に、いつまでも年賀状を出し続けたいと話して下さいました。

今の世の中、いじめ・学校関係者の色々な事が騒がれているのも分かっていますが、この様な良い先生がいるのも現状です。

雄輝宛に年賀状下さる事に、私達は感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

_367














明けましておめでとうございます

平成19年1月1日 元旦

今年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

感謝いたします。

_041_1 平成18年平塚メッセージ展に行った時近くを観光してきました。

その時、伊豆で見かけた黒船です。

平成18年3月20日頃から私達の立ち上げたブログを、見てくださった多くの皆様へ、感謝いたします。

今年も、残すところ後1日です。

皆様、良いお年お迎え下さい。

来年も宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

平成18、8、21 朝日新聞記事NO3

平成18年8月21日 朝日新聞

(社会)抜粋記事パ-ト3

救命胴衣なぜ着けぬ

漁船作業時義務のはず・・・

先月、神戸地方海難審判庁で初審判があり、

刑事裁判の被告にあたる受審人の漁労長は

「作業時は邪魔になることもあり、着用を

乗務員に強制しにくい」と釈明した。

海上保安庁によると、05年に漁船から海に

転落した人の救命胴衣着用率はわずか12%。

「暑い」「作業の邪魔」「恥ずかしい」などが理由だ。

だが、生存率は着用していた人が38%なのに

対し、未着用の人は20%とほぼ半分。

効果は歴然だ。

着用を徹底している会社もある。

鳥取県にある水産会社は救命胴衣着用の

誓約書を船員一人ひとりと交わす。

守らないと解雇も辞さない方針で、担当者は

「安全より作業のしやすさを優先する船員の

意識を変えるのに10年かかった」と話す。

<海難事故を風化させないで>と

訴えるチラシも5千枚作り、ス-パ-など

各所を回っている。

審判の裁決は31日に言い渡される予定だ。

夫婦は「着用していれば、せめて亡がらを

抱きしめられたかも知れない。

同じような犠牲者と遺族をこれ以上出さないで

ほしい」と訴えている。

18821_288_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

平成18、8、21 朝日新聞記事NO2

平成18年8月21日 朝日新聞

    (社会) 抜粋記事パ-ト2

救命胴衣なぜ着けぬ

漁船作業時義務のはず・・・

息子死亡延岡の親

「規定厳格化を」

真田敏雄さん(54)と弘子さん(51)夫妻。

見習い甲板員だった長男の雄輝さん(当時18)は

04年5月、マダガスカル島沖2千キロの海に消えた。

マグロはえ縄漁船第108若潮丸(499トン)=

鹿児島県いちき串木野市の若潮水産所属=

の甲板で、一人で浮きの回収作業をしていて

転落したとみられる。

救命胴衣は着ていなかった。

夫婦は事故の真相と責任を明らかにしたいと、

海上保安庁や海難審判庁に捜査や審判の

申し立てをするよう働きかけた。

船長らが、船員法が規則で課している

「甲板上での漁労作業中に救命胴衣を

着用させる義務」を怠ったと考えるからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

平成18、8、21 朝日新聞記事N01

平成18年8月21日 朝日新聞

    (社会) 抜粋記事パ-ト1

  救命胴衣なぜ着けぬ

 漁船作業時義務のはず・・・

漁船などでの作業時に法令で着用が

義務づけられている救命胴衣。海の現

場では「邪魔」などの理由で、法令無

視がまかり通っている。そんな風潮を

変えようと、宮崎県延岡市の夫婦が

「救命胴衣の着用徹底と罰則規定の厳

格化」を訴える活動を続けている。未

着用でアフリカ沖の海に落ち、行方知

れずとなった息子の死を無駄にしたく

ないという思いが活動を支えている。

(永井真紗子)

  キ-ワ-ド

 救命胴衣の着用

20トン以上の船舶について、船員法は船員労働安全衛生規則で、

甲板上での漁労作業や船体外板の塗装作業

などの際、作業者に救命胴衣を着用させることを

船長らに義務づけている。

罰則規定はない。

20トン未満の小型船舶については、船舶職員及び

小型船舶操縦者法の施行規則で、「12歳未満の

子ども」や「1人での漁労作業で、転落時の

救助手段を確保していないとき」などに着用させる

ことを船長に義務づけている。

守らないと船長に違反点数が科される

18821_288

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

宇和島水産高校への感謝

278 平成18年7月14日  神戸地方海難審判庁より帰宅中、連絡無しで、どうしても水産高校など周り、少しでも海難事故撲滅を、訴えたくて、宇和島水産高校などに寄り、海難事故撲滅を訴えてきました。

宇和島水産高校の校長先生は、私達を、快く迎えてくれました。

私達が、訴えている海難事故撲滅などの話を、聞いて下さった事は、私達は、感謝の意で一杯でした。

私達は、雄輝と同じ志を持った若き命を、・・・

私達は、えひめ丸の慰霊碑に行き、写真など撮りました。

本当は、私達が、作った海難事故撲滅などのプリントした、Tシャツを着たかったのですが、生徒達の事を考えると、着る事が出来ませんでした。

私達は、慰霊碑に合掌をしました。

私達は、雄輝の事が、頭に浮かび、なんと書いていいのか判りませんが、無念です。

事故は、相手にとっては、何とも思わないかも知れませんが、遺族にとっては、憤りなどは、一生消えません。

これから先も、私達は、海難事故撲滅を訴えて行きたいと思います。

277 279








慰霊塔は、犠牲になられた9名の御霊の訴えです。

慰霊塔は、7つの海・9名の御霊の証です。

この9名の御霊の一命は、雄輝と同じ、亡骸もありません。

私達は、これから先も、この様な悲惨な事故が、起きない様に、訴える事が、私達の責務と自負しています。

宇和島水産高校の、これからの安全航行を、お祈りします。

宇和島水産高校の校長先生、本当に、有難うございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

雄輝の願い

   海難事故撲滅は雄輝の願いです

     風化させないで

  救命胴衣を着用しよう

・乗船者は全員救命胴衣を着用しましょう。
 いざという時にあなたの命を守ります。

【海に出たなら救命胴衣!】
※シートベルト同様に着用しましょう

Kaiho03
Kaiho01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

私達遺族の気持ち

平成16年5月10日以降雄輝が、暗い海底に 向かって
お父さん・お母さん、ごめんなさいと、笑顔で沈む姿を、
夢で見ました。
今でも、私の 頭から消えません。
私達は、若潮グル-プを許しません
私達の気持ちを、わかってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月31日 (水)

感謝します

私達のブログを見てくださっている方

又、私達のブログのチラシを快く、置かせて下さっている、お店の方々へ感謝いたします。

今、私達は、日々ブログのチラシを、お店の人達に、海難事故の実態を判って貰う為に、回っています。

回っていて気付いた事を、書かせて貰います。

私達が、お店の人達に、私達の心情、又、海難事故の怖さ、海難事故の撲滅などの説明をしながら、お願いに回っています。

皆、私達の話に、耳を傾け、真剣に我が事の様に、聞いてくれます。

本当に、ありがたく思っています。

お店の人達など、海には、又、遠洋まぐろ船などには、法律は、適用出来ないのですか。

人の命を守るべき法律は、あります。

でも、真剣に扱わない司法、行政、などの事も、ブログに書いてありますので、もし、暇な時にでも、見て下さいと言っています。

私の方の直接メ-ルなどにも、船舶の船員さん達の意見も、あります。

私は、Tシャツに、海難事故撲滅と雄輝の顔写真を、プリントして回っていますので、気付いた方は、気軽に声など、かけてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)